吉村流の概要 > 地唄舞(上方舞)とは    


地唄舞(上方舞)とは
地唄(京阪の三味線唄/琴歌)を伴なって舞われる日本の伝統舞踊のひとつ。実際には地唄のみではなく、上方唄、一中節、常磐津、長唄などの音曲も使用される。江戸時代に、御所・茶屋などの室内空間で生まれ、発達を遂げたため、座敷舞ともよばれる。

舞扇を持っての独舞が主で、扇子一本のみを用いて、杖や手燭、自然現象に到るまで様々なものを象徴的に表現する。旋回を中心にした優雅で緩徐な動きに、技巧的な扇捌きや、跳躍を時折加味し、抑制された精緻な表現による内面の繊細な心理描写を特徴とする。

演目は能から来た本行物、艶物といわれる男女の情愛を扱ったもの、作物といわれる洒脱なものなどに分類される。

数ある地唄舞の流派の中でも、吉村流、楳茂都流、山村流、井上流を特に上方四流と称する。